2006年4月23日 (日)

☆小説★

どーも♪
今日の福岡の天気は晴れでした。
日曜日、いかがお過ごしですか?

さてさて現在、長編時代小説を読んでいます。
松本清張の著書『逃亡』(上下巻)《光文社書庫》。



SeichoToubou






上下巻あるのですが、やっとのこさ上巻を読み終えました。

上巻だけで470ページちょっとありました。

ひぃー!

あまり、長編という長編を読まない私にとって今回は気合を入れて読んでいます。

あと下巻500ページ以上残っています。
もうひと踏ん張りです。

ところで、小説を読んでいて不思議なのが、1ページ、1ページ・・・1章、1章と進むごとにそのストーリーの世界の中に自分が入っていくという感覚。

ストーリーと同様に読む側の気持ちも盛り上がっていきます。

きっと、著者の策略というものにハマっている状況なんでしょうね。

いい意味でね。

そして、こういう時って時間を忘れてストーリーに夢中になっているんですよね。

気がついたら、もうこんな時間!?みたいな。

もうここまできたら完全にハマりまくりです。

小説って、読むことで色々な知識や教養、そして、著者の人生観を吸収し得ることが出来る

これからの人生を歩んでいく上でもきっと役に立つことが多く含まれていると思うし

プラス要素ばかりですよね。

なんで、これからもっと色んな著者のさまざまな作品を読んで

各々の著者の世界観というものを感じてみたいです。

するとより一層小説を読む面白さや楽しみというものが増していくこと間違いなし!ですね。

アレレ、ついつい語ってしまいました(^-^;)

以上、小説の魅力を改めて感じた今日この頃でしたー♪

これからもどんどん読んでいきます。

最後に、

松本清張の作品、たくさん出ているので皆さんも読んでみて下さい!
面白いですよ★


| | コメント (2) | トラックバック (0)