2006年7月 6日 (木)

緊張状態。。。

昨日、北朝鮮が7発のミサイルを発射しました。
テポドン2も含めて。

これについて皆さんはどのようなことを考えましたか?

北朝鮮に対しての非難と共に今後どうなっていくのかという恐怖を不安として感じてらっしゃる方が多いのではないかと思います。

私もその1人です。

北朝鮮が、先月、先々月から『ミサイルの発射準備をしているのではないか?』という報道はテレビや新聞で観たり聞いたりはしていました。

だけど、これだけ国際社会が制止を求めているだけに、『まさか発射したりはしないだろう。』っておもってました。

それだけに、この情報を聞いた時は驚きを隠せませんでした。

家に帰ってすぐにテレビをつけてみているうちに事の重大さを次第に感じ・・・

憤りと共に。

これは、呑気に考えている場合じゃないと。

他国の問題じゃないなと今まで以上に感じました。

なにせ、日本近海に落ちているんですから。

少なくとも日朝、米朝の関係はよくないので両国に対しての挑発的な行為であることにはまちがいないはずですし。

北朝鮮は現段階でも否定しているみたいですが。。。ホントのところは違うはずです。



私は、20代なんで今まで平和で当たり前的な考えで生活をしてきました。

だけど、こういうことが実際に起こっていることを目の当りにすると前にも書きましたが、これからもっともっと北朝鮮について、また、アジア関係を筆頭に国際情勢について真剣に考えていかなければいけない時期に来ているのではないかなと思います。

むしろ、今現在気付くこと事態が遅いのかもしれませんが。。。



今、日本単独ではミサイルが打ち込まれたとしても防衛できる設備は整っていないみたいなのでここ数年間はアメリカに頼るしかないのでしょう。

しかし、日本には毅然とした態度で臨んでほしいなと思います。

軽視されないように。

現在においても北がミサイルを発射する兆候があるということで予断を許さない状況ではありますが、

落ち着いて見守っていきたいと思います。

書きたいことはまだまだたくさんあるのですが、これ以上書いたらストップが効かなくなるのでこの記事に関してはここまでで止めておきたいと思います。

思いついた順に書いていったので文章的に前後していてまとまっていない部分があるかもしれませんが

とにかく今回私が伝えたかったことは上に書いたことに関して、『真剣に考える時期が来た。』ということです。

この文章を読んで、共感してくれる方が1人でもいたら嬉しい限りです。

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)